分析機器測光用高安定キセノンフラッシュランプ

キセノン管FX-711,FX-721

分析機器などの測光用光源として使用できるよう各発光ごとの光量ゆらぎを安定化させました。
ランプの寿命も109回以上の発光を実現。

キセノン管 FX-711,FX-721のおもな仕様

型名 FX-711 FX-721
アーク長 1.5±0.2 mm 3±0.3 mm
光量安定度 Max. 3.5% 3%
放射波長 200~1100 nm 200~1100 nm
トリガ方式 , 形状 内部トリガ, φ20 9 pin 内部トリガ, φ20 9 pin
A-K電圧 700~1000 V 700~1000 V
トリガ電圧 5~7 kVp 5~7 kVp
放電管入力 連続最大 10 W 10 W
放電管入力 単発最大 0.1 Joules 0.1 Joules
最高発光周波数 200 Hz 200 Hz
光量半減期 1x109 Flashes 1x109 Flashes
専用電源 SP-1001 SP-1001
トリガパック FT-711 FT-721
他社相当品 L4642
浜松ホトニクス
L4646
浜松ホトニクス

キセノンフラッシュランプを駆動するためのトリガパックと電源を一体化した、使い勝手の良いモジュールです。

  • 適応ランプ: FX-711/FX-721 (連続10 W入力)
  • DC12 V 駆動で装置への組込みが容易
  • 発光光量: 約10~100%範囲で可変可能
  • 発光周波数: 約10~200 Hz範囲で可変可能
  • トリガモード: 内部・外部発振方式で選択可能

専用電源SP-1001/専用トリガパックFT-711(FX-711用)/FT-721(FX-721用)の接続条件

SP-1001は、FT-711、FT-721に共通して使用できる専用電源です。
トリガパックには、キセノンフラッシュランプを駆動するための抵抗、コンデンサおよびトリガトランスが内蔵されています。

電源モジュール SP-1071 SP-1072
キセノンフラッシュランプ FX-711 FX-721
専用トリガパック FT-711 FT-721
専用電源 SP-1001 SP-1001

共通仕様

電源条件 電源:DC12 V±10%
消費電力:20 VA以下
使用環境 周囲温度:0~+40℃
湿度:30~90%RH 但し、結露なし
充放電コンデンサ 0.1 μF
トリガコンデンサ 0.22 μF
放電管入力 最大10 W
トリガ電圧 約180 V Typ
充電電圧可変範囲 (V):300~1000
INT:内部ボリュームにて連続可変
EXT(V):DC3~10入力にて連続可変
発光周波数範囲 内部トリガモード:約10~200 Hz
外部トリガモード:最大200 Hz
外部トリガ信号 電流信号:電流ONの立ち上がりで発光
ON電流:10~20 mA
OFF電流:1 mA以下
入力抵抗:220 Ω
パルス幅:10 μsec以上
寸法 SP-1071/SP-1072:90±1(W)×40±1(H)×125±1(D) mm
SP-1001:74±1×43±1×154±1
FT-711/FT-721:Φ24±0.5×L65±2
リード線:500±20
質量 SP-1071/SP-1072/SP-1001:約500 g
FT-711/FT-721:約150 g

本製品のカタログ

この製品に関するお問い合わせ