ソーラーシミュレータ用長閃光フラッシュ

Z-5414

太陽光に近似したスペクトル特性を持つキセノンフラッシュランプを使用したフラッシュ方式のソーラーシミュレータ(擬似太陽光光源)です。閃光時間を最大で200 msecまで制御でき、太陽電池などのI-V特性を測定するのに適しています。また、必要に応じて光量と閃光時間を任意に可変できるので、太陽電池の研究開発・評価試験を効率的に進めることが可能です。

Z-5414のおもな特長

  • 従来のキセノンフラッシュランプに比べ閃光時間が200 msecと長く、数100ポイントのI-V特性を測定することができます。
  • キセノンフラッシュランプを使用しているのでエアマスフィルタを併用しJIS C 8912の要求するスペクトルに適合します。
  • 60 mmの大光量ロングアーク管を使用しているので複雑な光学系を用意せずに均一な面照射が可能です。
  • 照射の安定化をはかりJIS C 8912の要求する放射照度時間変動率Bをクリアしています。
  • 必要な時だけ発光させるので省エネルギータイプであるとともに測定対象への熱の影響を最小限におさえられます。

この製品に関するお問い合わせ