品質方針

  1. お客様のニーズと期待を的確にとらえ、たえず工夫することによって特長のある、また、当社においてしか見出しにくい技術を育て応用・展開してゆく。
  2. 明るく夢があり誇りのもてる社風をつくり、親切・丁寧・迅速な仕事によってお客様のお役にたつよう努める。
  3. より良い品質は検査による選別ではなく、開発設計段階・製造段階およびお客様とのかかわり・サービスなど、現場を起点としてつくり込んでゆく。
  4. 品質の維持・向上のために品質方針に基づき品質目標を設定し、計画的に推進し、また、達成度を把握するとともに社会的環境・要求の変化、法的規制に応じてその目標を積極的に見直してゆく。
  5. 品質目標は品質管理の仕組みを通して具体的に展開し、さらにその仕組みの有効性を高めるために見直しを継続的に行ってゆく。
  6. 品質方針は、全社員への周知徹底を図る。また、品質上極めて重要なパートナーである協力会社にも当社の品質方針を理解していただけるよう努める。
  7. 品質の維持・向上のために事故・クレーム情報を分析し多様な視点から的確な再発防止を行い、起こりうる不具合の未然防止に努めるとともに、そのノウハウが企業として受け継がれる仕組みをつくる。
  8. 全社的な「5S」活動により、品質管理の仕組みが効果的に運用される基盤をつくる。

(当社でいう品質とは、製品における性能・機能・構造・経済性・信頼性・安全性などのバランスのうえに成り立つ総合的な価値である)。

2005年10月7日
代表取締役社長 菅原 重信