ワイヤにおける捩れトルクの測定

コイルバネの特性・挙動解析(京都大学エネルギー科学研究所機能システム設計研究室 松本英治教授様)

形状記憶合金を用いたコイルバネの特性・挙動を解析するために、素線(ワイヤ)レベルでの捩れトルクを測定されています。この装置では、最大9回ワイヤを回転させることができ、ワイヤのテンションを一定に保ちながらその回転角度と捩れトルクを測定することができます。また、ワイヤの温度をコントロールすることも可能です。

使用機器

  • トルクメータ:ATM-2MN-U1
  • 制御部:PC-ATM-3-U2
  • 特殊治具:PC3-MMK1(定格トルク;2mNm、トルク検出精度;フルスケールの±0.7%)

トルクメータ:ATMシリーズ