二光源照度差ステレオでの形状推定

画像による形状計測(愛知県立大学情報科学部情報科学科博士(工学) 河中治樹助教様)

画像による形状計測において複数の光源を積極的に利用して、様々な方向から対象表面にストロボ光源を照射したときの明るさの違いからその向きや形状を把握する研究をされています。例えば、内視鏡観察時に把握しにくい患部の大きさをこの方法で計測することにより、信頼性や安全性の高い診断が可能となります。また、工業用や災害救助用の計測に応用することも期待されています。