金属ナノインクの焼成・焼結(基材への熱影響抑制)

金属ナノインクは、いわゆるプリント基板を印刷で作る技術として実用化が期待されています。銀や銅などの非常に細かい金属ナノ粒子が混ざったインクで、パターンを印刷した後、熱をかけることで金属ナノ粒子同士を結合させ、導電パターンとするものです。特に銀ナノインクは低温(100℃台)で焼成・焼結できるため、プラスチックなど、さまざまな基材に導電パターンを作るために、基材への影響が少ないフラッシュランプによる加熱が有望視されています。