トルクメータなど弊社製の各種モータ性能測定器による「有償データ測定」のサービス

トルクメータなど弊社製の各種モータ性能測定器による「有償データ測定」のサービスを行っております。お客様のサンプルモータをお預かりして測定し、測定結果報告書とともにご返却いたします。

おもな測定項目

  • スピード・トルク特性の測定
  • θ-T特性の測定
  • プルイン・プルアウト特性の測定

測定料金

基本料金から料金を算出いたします。専用の治具が必要な場合にはその製作実費をご請求させていただきます。また、お客様が弊社での測定に実地立合いをご希望される場合は、弊社技術者が応対いたしますので割増料金をいただいております。

  • お客様が実地立会いされない場合: \150,000.-/1人・1日(最低基本料金)
  • お客様が実地立会いされる場合 : \200,000.-/1人・1日(最低基本料金)

測定をお引き受けする際の条件

  • 測定は万全の注意を払い実施いたしますが、万一測定中に事故が生じた場合は、ご依頼主様における損害について弊社はその責を負わないものといたしますので、あらかじめご了承ください。
  • 測定料金のお支払いはご請求後30日以内に現金振込にてお願いたします。

お申込み

測定をご希望のモータについて「申込書・見積依頼書」の用紙に必要事項をご記入のうえ弊社営業所(東京、大阪、名古屋)へファックス願います。測定の難易度、専用治具の準備、測定工数などを検討のうえお見積もりいたします。

  • 東京営業所 FAX.044 (989)7338
  • 大阪営業所 FAX.072(966)0961
  • 名古屋営業所 FAX.052(331)6604

申込書・見積依頼書

モータ有償データ測定申込書(PDF: 160KB)

有償測定申込書をご利用いただくためにはAdobe Readerが必要です。アドビシステムズ社より、無償で配布されています。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

秘密保持方針

制定: 2005年10月17日

「有償データ測定」受託業務における秘密保持方針

株式会社 菅原研究所
代表取締役社長 菅原重信

株式会社菅原研究所(以下 当社)は、顧客から委託された「有償データ測定」および付随の文書作成業務(以下 本件業務)において、その取り扱い、ならびにそれらの秘密保持に関し以下の通り方針を定め遵守する。

第1条(使用制限)
本件業務を受託するに当たって、口頭もしくは書面により顧客から提供・開示された情報・資料ならびに本件業務から得られた結果について、本件業務の遂行以外の目的に使用しない。ただし、当社が設計・製造・販売する製品の開発・改良のためにそれら情報を間接的に参考にする場合を除く。

第2条(秘密保持)

  1. 本件業務情報を秘密に保持し、顧客からの承諾の無い限り、これを第三者に開示・漏洩しない。
  2. 顧客より本件業務を受託していること、本件業務の内容、ならびに本件業務を受託する上で知り得た顧客の経営上・技術上の情報を秘密に保持し、これを第三者に開示・漏洩しない。

第3条(適用期限)
この方針については、顧客との特段の取り決めをしない限り、当該の受託業務にたいし受託契約の日付より10年間適用する。

第4条(協議)
上記に定めていない事項については、また問題が生じる恐れのある時は、顧客と当社との間で誠意をもって協議を行う。

以上

θ-T特性の測定

  • リードスクリュータイプのステッピングモータにおけるディテント・ホールディングトルク測定
  • ハードディスク用スピンドルモータのコギングトルク測定
  • 磁石の特性を知るための、モータにその磁石を組み込んでのコギングトルク測定
  • ロータリーソレノイドのホールディングトルク測定
  • ファンモータのコギングトルク、全周起動トルク測定
  • 形状記憶合金のねじれトルク測定
  • 回転体における負荷および負荷変動の測定(弊社トルクメータPC-ATM3、ATM-R5MN~50MNを使用)

S-T(N-T)特性の測定

  • 各種マイクロモータの1mNm以下のトルク測定(弊社製トルクメータPC-MMA1, MMT-1MN使用)

  • ブラシレスDCモータのS-T特性測定、電流・電圧の多チャンネル測定(弊社製モータアナライザPC-EMA1-W2Sを使用)

スッテピングモータのプルイン・プルアウトトルクの測定

  • 定格値0.5Nから20Nまでの検出ヘッドを用意しています(弊社製パルスモータアナライザPC-PMA1を使用)