ベアリング試験機校正用機器

アンデロン発振器
速度センサ校正器
シンクロウェーブ発振器

  • ADC-101の外観

    アンデロン校正器ADC-101は、ベアリング振動測定機器の表示部を校正するための装置です。アンデロンメータ、ウェービメータ/真円度計の表示部に接続し、測定値に相当する信号を出力して機器を校正します。
    これ1台で、弊社製の全てのベアリング振動測定機器の校正が可能です。従来の校正用機器アンデロン発振器ADC-10、シンクロウェーブ発振器SWC-10、アッテネータEBV-AN01、アッテネータFOR-102、ボルタDOM-101を代替する機能と性能を持ちます。

  • 速度センサ校正器の外観

    アンデロンメータのLow、Medium、Highの各Bandに対応した0.1、1、10 Anderon相当の基準振動を発生させ、速度センサと表示部(ADA-15など)の校正を行うことができます。使用中の速度センサや複数の速度センサの精度を熟練にたよることなく正確に管理することを可能にします。また、外部からの正弦波入力により任意の振動を出力することも可能です。

  • シンクロウェーブ発振器の外観

    SWC-10は、表示部シンクロウェーブアナライザSWA-100の表示感度を校正する装置です。駆動部からの回転同期パルスと、速度センサからの信号と同等の信号を出力することで校正を行います。また、他の信号発生器と併用して回転速度と山数に対するシンクロウェーブアナライザの動作を試験することもできます。