コギングトルク・トルクリップル測定システム

  • 小型モータ用 ATMシリーズ

    コギングトルク特性とは、無励磁状態のモータ1回転中のトルク対角度特性を指します。
    トルクリップル特性とは、励磁状態のモータ1回転中のトルク対角度特性を指します。
    静粛性や低振動が要求される高付加価値モータにおいては、振動の原因となるコギングトルクとトルクリップルは極めて低く抑えることが求められます。
    当社のシステムでは、測定シャフトとモータシャフトをカップリングし、測定シャフトを低速で回転させます。その時の1回転360°のトルク対回転角度を、0.1°以下の分解能で測定します。さまざまな種類のモータ形状・特性に即したカップリングおよび治具の製作に豊富な実績を持ちます。
    ステッピングモータのディテントトルク・ホールディングトルクも測定可能です。