温湿度環境試験対応型トルク試験機

スピード・トルク測定装置

環境試験機(恒温槽)固定台側面に、弊社環境試験対応トルク測定部固定台を連結します。トルク測定部本体部分を前方にスライドさせ、専用設計のモータ取付治具MMJ-TC01に取り付けた被測定モータを恒温槽内に挿入します。ある温度・湿度における(例: 摂氏 -40 ℃~150 ℃)AC・DCモータの回転数やトルクを高精度に測定し、パソコンのWindows上で展開します。また、プレシジョンパワーアナライザーとの組み合わせにより高周波仕様のドライバーの入出力なども高精度で測定できます。

測定部のおもな特長

  • 測定部は(定格50mN・m ~ 5N・m) 全7機種を用意
    当社製TBシリーズをベースとした、恒温槽対応トルク測定部です
  • 全7機種が同一サイズで作られているため、恒温槽用モータ取付治具セット一式を共通で使用可能
  • 付属のアジャスターを用いれば、当社標準モータ取付治具の使用も可能
  • ヒステリシスブレーキ制御、テンションバー方式のストレインゲージロードセルによるトルク検出などにより、低速から高速回転まで安定した測定が可能
  • 恒温槽用モータ取付治具を測定部の基準板に直接取り付けることにより、被測定モータとの確実な芯合わせ、高精度な測定が可能
  • 恒温槽固定台の標準装備で、エスペック社製 恒温槽SH/SU-642とのセッティングが容易

基本構成

  • コントローラ DMC-3
  • 恒温槽対応トルク測定部 TB-50MNTC ~ TB-5NTC (全7機種)
  • 恒温槽用モータ取付治具 MMJ-TC01 (各機種共通)
  • 恒温槽 SH/SU-642 ((株)エスペック製)
  • 恒温槽固定台TCMT-EP01 (SH/SU-642用)
  • パーソナルコンピュータ Windows 7 Professional (32bit)
  • プレシジョンパワーアナライザー WT1800 (横河電機(株)製)

おもな仕様

型名 最大トルク 回転速度範囲(r/min) 5分間定格(W) 連続定格(W) 恒温槽用モータ取付治具 当社標準モータ取付治具
TB-50MNTC 50 mN・m 100~30000 75 15 MMJ-TC01 MMJ-7C
TB-100MNTC 100 mN・m 100~30000 120 25 MMJ-TC01 MMJ-7C
TB-200MNTC 200 mN・m 100~20000 170 35 MMJ-TC01 MMJ-7C
TB-500MNTC 500 mN・m 100~20000 300 60 MMJ-TC01 MMJ-9C
TB-1NTC 1 N・m 100~20000 400 80 MMJ-TC01 MMJ-9C
TB-2NTC 2 N・m 100~10000 600 120 MMJ-TC01 MMJ-10C
TB-5NTC 5 N・m 100~10000 1500 300 MMJ-TC01 MMJ-10C

恒温槽のおもな仕様(参考例: SH-642 (株)エスペック社製)

恒温槽内寸 400×400×400 mm
温度範囲 -40℃~+150℃
湿度範囲 30%RH~95%RH

トルクリップル測定装置

環境試験ボックスにより温度コントロール(例: -30℃~+150℃)しながら拘束時におけるモータのトルクリップルやコギングトルクを測定できます。駆動角度に対する1回転分のトルクを測定し、パーソナルコンピュータWindows上に展開します。また、電流センサを組み合わせることにより1回転中の電流の変化も測定できます。

おもな特長

トルクのセンシングは、軸受けを省く特殊な構造をとっているため、軸受けロスが無く、環境温度の影響を受けない高精度なトルク測定が可能です。測定台上にトルクメータ測定部とモータ取付治具をあらかじめ固定しているので、専用アタッチメントの使用により被測定モータとの芯合わせが確実かつ容易に行えます。被測定モータの試験温度を適正化するため、モータ取付治具、測定台などについては断熱材による処置を講じています。

基本構成(イラストにおける例2)

  1. モータアナライザ PC-MCT5
  2. トルクメータ測定部 ATH2-100N
  3. モータ取付治具 (特注仕様)
  4. 環境試験器 (特注仕様)
  5. パーソナルコンピュータ Windows

イラストにおける例2のおもな仕様

トルク測定レンジ 10 mN・m/FSから 100 N・m/FSまで対応可能
駆動回転速度 1~20 r/min
角度測定分解能 約0.35度(360/1024)
環境試験BOX 各メーカの恒温槽や環境試験ボックス(特注)などを選択可能

この製品に関するお問い合わせ