モータトルクメータ

小型電動モータ・アクチュエータのトルク特性総合解析

電動モータの性能評価においては、「負荷特性」、「コギングトルク特性」、「トルクリップル特性」の正確な把握が極めて重要です。弊社モータトルクメータシステムは、それらの特性を測定し評価するための製品群です。負荷特性測定とコギングトルク・トルクリップル特性測定とでは測定内容が大きく異なるため、同じタイプのトルクセンサでは正確な測定が期待できません。弊社では、それぞれの測定にとって最適な測定原理と測定要素(ブレーキ・センサ・制御方式・治具など)を開発・採用しています。可能な限り真値に近いデータを、補正の必要なく、実測にて再現性良く得られることが、お客様にとってもっとも本質的な価値であると考えています。

  • トルク・ダイナモメータシステム

    トルク・ダイナモメータシステムは、電動モータの持つトルク特性を総合的に測定・評価する装置です。コントローラDMC-3に、14機種のTA・TBシリーズと7機種のATMシリーズを接続し、モータの「負荷特性」、「コギングトルク特性」、「トルクリップル特性」を測定します。
    コントローラの操作と測定データの保存は、すべてWindows PC上から行ないます。コントローラには専用ソフトウェアが同梱されています。

  • DMCコントローラ DMC-3

    DMCコントローラの負荷特性試験では、モータの種類・性質や測定内容に応じてさまざまな測定モードをお選びいただけます。ポイント測定モードを用いれば、慣性の影響の極めて少ない安定したデータが得られます。また測定のサンプル数を多くしたい場合には、スイープ測定モードを用いて測定時間を短縮することにより、モータの発熱の影響を抑えることができます。ブレーキ電流を直接制御するモードは、トルク制御やスピード制御ではモータの挙動が安定しない場合などに有効です。

  • トルクメータTA・TBシリーズ

    トルクメータTA・TBシリーズは、長年の実績を持つ信頼のヒステリシスブレーキを用いた動力計(トルクダイナモメータ)です。定格トルク5 mN・mのモデルから100 N・mのモデルまで、計14機種を揃えています。 高精度の自社加工により、世界最高水準の高回転数仕様を実現しました。

  • ATM-10MN

    トルクメータATMシリーズは、高感度トルクセンサと分解能0.1度の角度センサをそなえた、小型モータ用のコギングトルク・トルクリップル測定機です。ステッピングモータのディテントトルク・ホールディングトルクも、同様に測定が可能です。
    定格トルク0.5 mN・mのATM-R5MNから100 mN・mのATM-100MNまで、7機種を揃えています。コントローラは、負荷特性測定用TA/TBシリーズと共通にDMC-3を用います。

  • TM-2Sの外観

    トルク測定部TA/TBシリーズとの組み合わせにより、直流・交流モータのスピード・トルクや、負荷を自動スイープさせて回転数の変動も測定可能。測定結果はアナログ信号で出力できます。

  • モータトルク総合試験機の外観

    スピード・トルクやトルクリップルなど角度対トルクの測定をひとつのシステムでカバー。さらに、パワーメータとの組み合わせで誘起電圧測定も可能。また、環境試験機との組み合わせにも対応できます。

  • 環境試験対応トルクメータセット例

    環境試験機(恒温槽)固定台側面に、弊社環境試験対応トルク測定部固定台を連結します。トルク測定部本体部分を前方にスライドさせ、専用設計のモータ取付治具MMJ-TC01に取り付けた被測定モータを恒温槽内に挿入します。